登録販売者の求人選びの際に押さえておきたいポイント

登録販売者は、ドラッグストアにおいて第二類医薬品と第三類医薬品の販売をするうえで不可欠な存在となっています。特に、チェーン展開をしているドラッグストアでは新規の店舗の開業に伴い、大人数の登録販売者の求人募集が行われることがあり、実務経験が豊富な人やコミュニケーション能力が高い人は高待遇で採用される傾向が見られます。


正社員の求人を選ぶ時は採用後の教育制度にも目を向けよう

ドラッグストアで正社員の登録販売者として働きたい人は、求人選びの際に給料ばかりでなく、興味がある店舗の教育制度にもしっかりと目を向けることが大切です。参考元>>登録販売者求人 … アポプラス登販ナビ

店舗によっては、一定の実務経験がある登録販売者を対象に店長候補に登用したり、売り場の責任者を任せたりしているところもあるため、将来的に安定した収入を得るうえで、慎重に各店舗の特徴を把握しましょう。特に、大手企業が運営するドラッグストアの中には、登録販売者のスキルアップや顧客サービスの向上を目的として、定期的に正社員を対象とした研修を実施しているところが多くあります。

そうした中、働きながら登録販売者として必要な事柄をマスターしたい人は、色々なドラッグストアの求人票や公式サイトを通じて、人材教育の良し悪しをしっかりと判断することがおすすめです。最近では、採用後の問題を防ぐため、登録販売者の求人を募集する際に業務説明会を開いているドラッグストアの数も増えています。

そこで、自信をもって登録販売者の業務をこなすために、具体的な正社員の教育の内容について、こうした機会を利用して採用試験を受ける前に担当者に聞いてみると良いでしょう。

資格手当や業務手当の金額が高いドラッグストアを探そう

ドラッグストアの登録販売者の待遇は、勤務先の経営方針や業績、スタッフの評価制度などに大きく影響を受けます。たとえば、正社員からパートタイムまで様々な雇用形態の登録販売者の離職率が低い店舗においては、資格手当や業務手当の金額を高めに設定しているところが目立ちます。

スタッフの定着率が高い店舗では、数年の実務経験を持つ登録販売者に対して特別な手当を支給して新人教育を任せたり、外部の研修施設で行われるセミナーや勉強会への参加を義務付けたりしているところもあります。手当を重視してドラッグストアの登録販売者の求人を選ぶ際は、各エリアの優良求人がたくさん掲載されているサイトを利用して、早いうちから希望条件に合う求人を探し始めることがおすすめです。

また、正社員とパートタイムの手当の支給額の差が小さいドラッグストアの求人は、幅広い年代の登録販売者から注目が集まることもあるため、スムーズに採用試験に応募をすることが大切です。なお、同じドラッグストアで長く働きたい人は、数ある店舗の中でも勤務態度や勤続期間に応じて基本給や手当の金額が定期的にアップするところを探してみましょう。

短時間勤務を希望する場合はシフト制のドラッグストアがおすすめ

登録販売者の資格を持つ人は、無資格の人と比べてドラッグストアで比較的自由な働き方を選ぶことができます。特に、シフト制が採用されているドラッグストアでは、パートタイムの登録販売者が働きやすい環境が整っており、子育て中や家事が忙しい人も出勤をする曜日や時間帯などを調整することが可能です。

また、シフトの希望が通りやすいドラッグストアの魅力については、様々な求人サイトなどで大々的に紹介されることもあるため、職場探しの際に参考にしてみると良いでしょう。

大手のドラッグストアでは、パートタイムの登録販売者を大量採用するために、時給をアップしたり、福利厚生を充実させたりしているところもあり、余裕を持って人気の店舗の求人の条件を比較することがおすすめです。なお、ドラッグストアで登録販売者として働いたことがない人は、勤務時間にこだわるだけでなく、一通りの業務に慣れるまで面倒見の良い先輩に仕事上のフォローをしてもらえる店舗を探すことがポイントです。

未経験から正社員を目指せるドラッグストアも増えている

未経験でパートの登録販売者として働き始めて将来的に正社員を目指したい人は、正社員登用の制度があるドラッグストアを見つけることが肝心です。正社員登用の基準は店舗の運営会社によって異なりますが、選考の際は基本的な業務をこなせるのはもちろんのこと、他のスタッフとの協調性やコミュニケーション能力なども厳しくチェックされることがあります。

そのため、ドラッグストアの登録販売者に求められる能力についてしっかりと把握するために、大手から中小まで様々なドラッグストアの採用担当者が集まるイベントに顔を出したり、実際に各地の店舗で長く働いている登録販売者の感想を聞いたりすることがおすすめです。

最近では、登録販売者の資格を持つスタッフの正社員登用に積極的なドラッグストアの数も増えているため、就職活動を通じて将来性のある店舗を見極めましょう。その他、他の業界から登録販売者に転職をする際は、過去の社会経験を生かせそうな職場を探すと良いでしょう。

職場選びに悩んでいるときは医療系の人材紹介会社に相談してみよう

登録販売者の資格が役立つ職場の選び方について悩んでいる場合は、医療系の求人紹介を専門に行っている人材紹介会社に相談をしてみるという方法もあります。登録販売者は、ドラッグストアにおいて医薬品に関する専門的な業務だけでなく、商品の陳列や発注作業、レジ打ちといった広範囲にわたる業務を担当することがあります。

そうした中、なるべく得意な業務を中心に仕事に取り組みたい人は、求人のマッチングの実績がある人材紹介会社に自分に合った店舗の求人を紹介してもらうと良いでしょう。また、一つの店舗で長く業務経験を積んだ人や、店長や売り場の責任者を担当した人については、転職の際に高待遇で採用してもらえる可能性も高いため、諦めずに求人探しをすることがおすすめです。

大手企業が運営するドラッグストアの求人の中には、管理職候補を募集するものも少なくなく、長く同じ店舗でキャリア形成をしたい人にとって大きな魅力があります。

人材紹介会社によっては、ドラッグストアで一定の実務経験を持つ登録販売者しか応募できない非公開求人を扱っているところもあります。そこで、条件が良いドラッグストアで新しく仕事を始めるうえで、余裕を持って人材紹介会社の担当者とコンタクトを取って、各店舗の非公開求人の応募条件について詳しく確認してみましょう。